アレルナイトプラスの正しい飲み方は?

アレルナイトプラスの正しい飲み方って?

つらい就寝時の痒みを改善してくれると人気のサプリ・アレルナイトプラスですが、その飲み方にはルールや注意しなければいけない点などはあるのでしょうか。

 

ここではアレルナイトプラスの飲み方について解説してみたいと思います。

アレルナイトプラスの飲み方にルールはない

まず、アレルナイトプラスは医薬品ではありませんから、飲み方にルールなどはありません。
一緒に飲む飲み物とか飲むタイミングなどは飲む人が自由に決めて大丈夫です。

 

アレルナイトプラスは粉薬のような顆粒状になっていますから、飲み物と一緒に飲む方が飲みやすいです。
大部分の方は常温の水と一緒に飲むのではないかと思いますが、それで問題ありません。

 

アレルナイトプラスには飲みやすくするためにグレープフルーツ味がついていますが、その苦みが気になる方は、紅茶や炭酸水に混ぜて飲んでも大丈夫です。
飲み物だけではなく、ゼリーやヨーグルトといったものに振りかけて一緒に食べるということも可能です。

アレルナイトプラスを飲むときに気をつけたいこと

このようにアレルナイトプラスの飲み方として一緒に飲む飲み物などは何でもよいのですが、飲み物の温度には気をつける必要があります。
紅茶などに混ぜて飲むという飲み方は問題ないなのですが、例えば紅茶の温度が高すぎるとアレルナイトプラスの効果が十分に得られないかもしれません。

 

というのは、アレルナイトプラスの主成分は「植物性ラクトバチルス乳酸菌」というものなのですが、一般的に乳酸菌は40度を超えるとほぼ死滅状態になり、60度では10秒程度で死滅してしまうそうです。
ですので、混ぜたり一緒に飲むときの紅茶などの飲み物は、ぬるめの温度にするようにしましょう。

 

逆に温度が低すぎて0度以下だったりすると、乳酸菌は死滅することはないようですが凍ってしまい活動しなくなってしまいます。
ですので、冷たいアイスクリームなどに振りかけるのはあまり効果的な飲み方とはいえません。

 

一緒に飲む飲み物や振りかける食べ物は常温〜人肌くらいの温度であると、アレルナイトプラスの効果が得られやすくなると思われます。

アレルナイトプラスを飲むなら就寝前に飲むのが最適

アレルナイトプラスは薬ではありませんから、食前や食後に飲まなければならないという飲み方の決まりはありません。

 

ですので、飲むタイミングは利用する人それぞれでいいのですが、大部分の方は就寝時の痒みを抑えるために夜、寝る前に飲むのではないでしょか。

 

アレルナイトプラスにはラフマ葉抽出物、ギャバ、グリシン、クワンソウ、バレリアン、アメリカンジンセンなどといった成分が配合されていますが、これらはリラックスして眠るために役立ちます。
これらの成分の効果を得るには、就寝前に飲むのが最適ということになります。

アレルナイトプラスは継続して飲むことが大切

いかがでしょうか。
アレルナイトプラスや医薬品ではなくサプリメントなので、飲み方に決まったルールなどはないのですが、効果を得るためには一緒に飲んだり食べたりするものの温度に気をつけた方がよいことがわかりました。

 

そして、それ以上に大切なのが毎日飲み続けることです。
どんなサプリメントもそうですが、即効性はないので毎日継続して利用しなければ効果は現れてきません。

 

これらのことを頭に置いたうえで、アレルナイトプラスを毎日飲み続ければ、就寝時の痒みも改善していくのではないでしょうか。

 

 

↓↓アレルナイトプラス公式サイトはこちら↓↓

アレルナイトプラス(成分)

 

アレルナイトプラスの効果や口コミを見てみる